お子さんの虫歯は早期発見で

7984c46c2f8c5776d4af84d4d3c04caa_l

子どもの歯は虫歯を予防して健康な歯をつくることがとても重要です。乳歯は丈夫な永久歯をつくるための大切な役割をもっています。子どもの頃から正しいホームケアや習慣を学んで健康な歯をつくりましょう。

また、歯並びが悪いと歯がきちんと磨けず虫歯になりやすい、姿勢が悪くなる、発音がうまくできないなどの悪影響が出てきます。早い時期から矯正を行うことで無理なく治療を進めていくことができます。

子どもの虫歯は早期発見が大事

小さな子どもの虫歯は、早期発見を心がけましょう。

お母さんがお子さんの歯を目で見て虫歯を発見しようとしても、早期の虫歯は素人には見た目ではわからない場合が多いです。

そのため、3~6カ月に一度は歯科医院での検診をお受け下さい。
もしむし歯が出来ても、6カ月以内の早期発見であればむし歯を削らずに再石灰化させ、健康な歯に戻すことが期待できます。

気づかずに虫歯を放っておくと、時間の経過とともにどんどん悪化していき、特に乳歯の場合は虫歯の進行が早いため、あっという間に歯に穴があいて重度の虫歯になってしまいます。

むし歯のなりやすさは、お子さん一人ひとりで違います。もともとの歯の質、生活習慣、唾液の量などに個人差があるため、丁寧にケアをしているのに虫歯になりやすい子もいれば、ケアには無頓着なのに虫歯にならない子もいます。

かかりつけの歯科医師がいることによって、食生活や歯みがきの時の注意点など、お子さんにあった
指導を受けることができます。

大切なお子さんの歯を守るために、まずはお近くの歯科医院での検診を習慣づけて下さいね。

子どもの歯は柔らかくて虫歯になりやすく、特に歯が磨きにくい歯の溝の部分は食べかすやプラークがたまりやすく虫歯になりやすい箇所です。

そこでフッ素入りのシーラント(歯の治療などに使うレジンという樹脂)で溝をふさいでコーティングしてあげることで虫歯を予防します。
img_sealant

予防について
定期健診・ブラッシング指導

予防のために大切なのが定期健診です。痛みが出てから歯医者に行くのではなく定期的に口の中を検査してもらうとお口の健康を守ることができます。

定期的に健診を受けていただくと、もし虫歯ができてしまっていても早期発見や早期治療ができます。毎日歯みがきをしていても虫歯ができてしまった・・・という経験をされた方もたくさんいらっしゃると思います。

健診時には歯みがきの仕方をチェックしてうまくできていないところを説明・指導します。また、シーラントが脱落していないかチェックしていきます。

子どものお口の中は成長とともに変化していきます。定期的に経過を観察していくことで、最適なタイミングで最適な治療を行うことができます。

虫歯を作らないために

★ブラッシング★
正しい歯みがきの仕方を知る・歯垢(プラーク)を取り除く
img_nomusiba01

★三度の食事★
朝昼晩の三度の食事をしっかりとる・おかしやジュースをだらだら飲食しない
img_nomusiba02

★強い歯をつくる★
栄養バランスの取れた食事・フッ素塗布
img_nomusiba03

虫歯治療

子どもの虫歯治療はまず予防歯科が中心です。乳歯は永久歯が正しい位置に生えるためのガイドとなります。乳歯は抜けるからと治療せずに放っておくと永久歯が正しく成長できません。 乳歯でかむことによって、顎の骨の成長や知能の発達、正常な噛みあわせが促されます。将来のために虫歯を作らず健康な歯を育てることが大切です。

小児歯科の詳細はこちらをご覧ください→

まつもと歯科

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。